お金はかかってもいい!評判のいい塾に入れる。

集団塾に入れる

子どもを塾に通わせようと考えた場合、まず思いつくのは集団塾でしょう。集団塾は講師が大勢の生徒を相手に授業を行うスタイルであり、大教室のある大手からこじんまりしたアットホームな塾まで、…

個別指導の塾に入れる

塾といえば、一般的には学校と同じようなスタイルになります。講師が多くの生徒に教えるスタイルで、授業中は基本的には生徒から質問はできません。わからないところがあってもそのまま授業を受け…

衛星通信方式の講義を受ける

受講環境の多様化で選び得る選択肢

現在、インターネット講義なども普及され学校以外における学習環境が多様化しています。インターネット講義のほか、塾や家庭教師、予備校、衛星通信方式の授業を行う教育機関があり、学生の選択肢は増えているといえます。では、どのような受講形態が、受験生を中心とする学生にとって役に立つのでしょうか。インターネット講義は、確かに低価格で自分のペースで受講できますが、受講生の自律に委ねられている点が否定できません。塾、家庭教師、予備校などは地域間で格差が生じ、十分な環境で受講できない地域も出てきます。その点、衛星通信方式の講義を受ける場合には、地域間の格差は最小限であり、講義以外にチューターのサービスが受けられる点でバランスが良い学習環境だといえます。

通信衛星方式の講義を受ける心構え

通信衛星方式の講義は、マスプロ式の講義であるものの、講師が優れていることが多いです。講師が話す内容は受験対策のみならず、人生の指針になることもあり、受講生にとって意義があるものだといえます。一方で、マスプロ式の授業の欠点であるスケジュール管理や分からない内容の質問などは、チューターに任されることが多いです。そのため、通信衛星方式の講義の受講生には、チューターを積極的に活用することが必要だといえます。いくら講師が優秀だといっても、一人ひとりの受講生にとって痒い所に手が届く講義ができるわけではない点で、受験生の消化不良な点が出てくる可能性があるからです。逆に、チューターの活用も講義のカリキュラムの一環だと考え、受講生が意識的に活用することで学習効果も高まるといえます。

お子さんの学力アップを願うなら個別指導がベストです

お子さんの学力がなかなかアップしないと、お悩みの親御さんもいます。そのような親御さんは、お子さんに個別に指導をしてくれ、学力アップにつながりやすい、個別指導塾のご利用をおすすめします

お金、時間の無駄!自宅で出来る勉強法を見つける!

塾に行かなくてもずば抜けて学校の成績のいい子どもが、時々います。塾に通う時間とお金も節約できて、そんな一石二鳥、一石三鳥の方法ができるならば使わない手はありませんね。自宅でどんな方法で勉強できるのか?考えてみましょう。

家庭教師をお願いする

勉強で悩みつまづく学生は多いです。部活動との両立の問題もあります。短い時間で成績を飛躍的に向上させていくにはどんな方法がよいでしょうか。ここでは、まず、生徒と家庭教師の相性について述べていきます。…

通信講座を使う

公立の小学校や中学校は、全国的に同じような内容、レベルの授業が行われています。授業の内容がちょうどよいと感じる子もいれば、早くてわからない子、遅くてつまらないと感じる子などもいます。学校の勉強だけ…

参考書と教科書だけで自力で勉強する方法

自力の勉強で最も大切なのは「教科書」の活用です。例えば、センター試験では「高校で学習した範囲」の問題しか出せないことになっています。つまり、教科書に載っている箇所がそのままテストに出るのです。教科…